スマホ修理横浜の特徴について

スマホ修理横浜での、修理依頼が多い順についてどのような故障で持って来られる事が多いか説明して行きます。圧倒的に多いスマートホンの修理の持ち込みは、本体の液晶画面の割れやひび割れです。スマートホンを舗装された道路に落としたり、室内で床に置いたものを踏んだり、あるいはケースは保護フィルムを使わずにバックに入れて持ち運んで衝撃が加わるなどでも起きます。軽い画面のひび割れなんて別に使えるので問題ないと考える人もいますが、もしも防水機能があるスマートホンならば、そこから水が本体内部に染み込んで故障のリスクが上がります。

またヒビが割れたまま放置していると、どんどん悪化して液漏れが始まって時期に壊れます。スマホ修理横浜に画面がひび割れたスマートホンを持って行ったら、液晶まで達していないならばガラスのみの簡単な交換が必要です。液晶まで割れる程大きな衝撃が加わったり、ひび割れを放置して液晶までヒビが広がってしまった場合にパネルの交換となります。パネル交換の場合には、お店にパーツがあればすぐに修理可能ですが、もしも交換用のパーツが無い場合には近隣のチェーン店からの取り寄せが時間が必要です。

次に多いのが、スマートホン本体をトイレやお風呂や海などに落としたり、誤って飲食中にドリンクをひっくり返すなどして水没した時です。この場合は電源を入れずに、速やかに修理専門店に持って行く必要があります。もしも防水機能のないスマートホンを水没させると、内部の基盤があるところまで水分が浸み込みます。基盤が濡れた状態で電気が通電されると、本来流れてはいけないパーツに電気が流れてショートによって他の部分まで壊れてしまいます。

バッテリーが濡れたらバッテリーが壊れて、基盤のパーツもショートで壊れやすいからです。水没して電源を入れないでスマホ修理横浜持って行った場合には、まずスマートホンを開けて水分を拭き取って、パーツがショートで壊れていないか調べます。運が良ければパーツ交換無しで、水分を拭き取る技術料だけで済みます。だけどもしも電源を入れてしまった場合には、ショートで壊れたバッテリーや基盤などのパーツの交換になり修理費が上がってしまいます。

それ以外に多いのが、スマートホンを長く使い続けて、バッテリーが経年劣化して充電できなくなる故障です。この場合には新しいバッテリーや電池に交換するだけなので、持参したら1時間も掛からず修理が完了します。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*