iPhone修理横浜の主なメニューとその料金

日本のスマートフォン市場で大きなシェアを得ているのが、Apple社のiPhoneです。そのため修理市場でも特別な存在として扱われており、iPhone専門の修理店も存在します。専門店は都心部だけでなく、地方都市や郊外のターミナル駅にも存在します。横浜は日本を代表する都市ですから、iPhone専門のお店が駅前を中心に出店しています。

修理の内容はまず軽度の画面割れと液晶交換、水没修復です。くわえてバッテリー交換とコネクタ修理などがあります。iPhone修理横浜の軽度画面割れ修理料金は機種によって大きく異なります。Xよりも前の機種だとたいてい1万円以下であり、7以前では2千円以下で実現することも少なくありません。

特に高くなるのは12シリーズです。画面の硬度が格段に上がり、割れるリスクが軽減されました。それでも割ってしまった場合には、修理代金が非常に高くなるのです。5万円以上かかる考えていいでしょう。

重度の画面破損をすると液晶ごと交換することになります。軽度の画面割れよりもiPhone修理横浜の代金は高くなります。こちらもXはそれほど高くなく、だいたい1万5千円以下で修理してもらえます。高くなるのは12シリーズで、6万5千円以上かかります。

画面が硬いから破損のリスクは低いのですが、万が一壊れてしまうと大きな出費となります。水没による故障も、軽度と重度に分けることが可能です。軽度のときは基盤を洗浄し乾燥するだけで復旧できます。ほとんどの機種が6千円以下で直ります。

ただし12シリーズについてはこの形で直すことができないことも多いです。重度となると基盤を洗浄するだけでなく、修理する必要が出てきます。この方法になると1万円以上かかることがほとんどで、場合によっては2万円を超えることもあります。バッテリーが劣化したり、故障したりした場合も対応してもらえます。

バッテリーパックを交換するだけで完了するケースも多いため、iPhone修理横浜では5分の作業で終わることもあります。料金は1万5千円を超えることは少なく、8以前の機種だと3千円以下で済むことも多いです。ただし12シリーズについてはどのお店でも対応可能とは限りません。12シリーズユーザーは、事前に問い合わせてから訪問するのが得策でしょう。

コネクタが破損すると、充電やデータの送受信に困ります。こちらも新しいほど修理代金が高くなる傾向があり、11シリーズで1万円ほどになります。7以前だと5千円以下で直ることも珍しくありません。分解を伴うパーツ交換となることが多いから、プロに頼むのが賢明です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*