脱毛のトラブルを回避するため知っておくべきこと

脱毛についてその1ムダ毛の処理に悩んでいる方は大変多くいます。
上は顔の産毛から下は足の指毛まで、出来れば無くなって欲しいムダ毛でいっぱいです。

ムダ毛があると、他人からの視線も気になり、自分でもなんだか気恥ずかしい思いをすることがあります。

水着を着る機会や、薄着の季節、異性とのお付き合いの際など、ムダ毛の処理には多くの人が頭を悩ませるでしょう。
そんな時、ほとんどの人は脱毛を試すと思われます。


ムダ毛のなくなった肌はすべすべになり触り心地がよく、肌色もトーンアップして明るく見えます。腕や脚などの目立つ場所からムダ毛がなくなれば、他人から不快に思われることもなくなり、自分にも自信がつきます。

水着も堂々と着られますし、薄着になるのも怖くありません。
ストッキングの中で渦巻いているムダ毛を見られ恥ずかしい思いをしたり、下着からムダ毛がはみ出していると彼に幻滅されることもなくなります。

しかし正しい脱毛の知識がないまま自己流で処理をした場合、思わぬ肌のトラブルを引き起こすことがあります。
ひどくなると、医療機関のお世話になることもあるくらいです。

そのような事態を避けるためにも、脱毛に関して基礎から勉強し正しい知識のもと脱毛することで、健康的なムダ毛のない美しい肌を手に入れることができます。

脱毛についてその2脱毛の手始めとして、多くの人が一番最初に試すのは『毛抜き』でしょう。

毛抜きさえ手元にあれば、いつでもどこでもムダ毛の処理を始めることができます。
毛抜きを使った脱毛の一番のメリットは、お金が一切かからない、ということです。


そして自宅をはじめ、職場や学校のトイレなどでも簡単にムダ毛を処理することができます。

多少の痛みは伴いますが、我慢できる範囲です。
毛抜きによる脱毛は、メリットよりもデメリットの方が多いかもしれません。

毎回毛抜きでムダ毛を処理していると、毛穴と肌は強い刺激を受けて炎症を起こすことがあります。皮膚が赤くなり腫れたり、毛穴がぽつぽつと目立つようになります。

このような状態になることを『毛嚢炎(もうのうえん)』と呼びます。
ひどい場合はニキビのように赤く盛り上がり膿が溜まることもあります。

さらに、毛抜きで抜ききれず途中で切れてしまったムダ毛が、皮膚の下で成長を続ける『埋没毛』になる可能性もあります。


埋没毛ができると皮膚のしたで黒々と目立つため、無理やりほじくり返して引き抜こうとする人もいますが、止めましょう。
傷んだ皮膚や毛穴に細菌が入り、毛嚢炎になるきっかけにもなるからです。

埋没毛は皮膚のターンオーバーのサイクルで自然と外に出てくるので、いじらず清潔にしておきましょう。脱毛についてその3比較的ためしやすい費用で広範囲にわたって脱毛効果が期待できるものに『ワックス脱毛』があります。

エステサロンや専門店でも受けることができますが、自宅でも市販のものを購入して手軽に利用できます。

ワックスによる脱毛は一般的に、温めた粘着質のワックスをムダ毛のある部位に塗り、上から布状のシートを押さえつけ、ワックスが乾いたら一気にはがすという方法がとられます。

一番のメリットは、脱毛範囲の広さです。


脚や腕などの広い範囲のムダ毛を一気に抜くことが可能なので、短時間で処理できます。

効果も数週間もつため、毎日お手入れする必要がなくなります。
専門店ではブラジリアンワックスとして特にVIOのムダ毛の処理に人気があります。
デメリットとしては、一度に多くのムダ毛を抜くことで痛みを伴います。

また、ワックスを使用するためにはムダ毛を数ミリ伸ばしておく必要があるので、ムダ毛が目立つ状態で過ごす期間が出てきます。

ワックス脱毛の肌は大変乾燥しています。

これはムダ毛とともに正常な皮膚の角質も一緒にはがしてしまうからです。
きちんと保湿をするなどのアフターケアをしなければ、肌の赤みや痒み、発疹などのトラブルを引き起こすこともありますから、注意しましょう。

脱毛についてその4費用はそれなりにかかりますが、エステサロンやクリニックで受けられるものに『レーザー脱毛』があります。


これは、黒い色だけに反応するレーザーを照射することでムダ毛にだけ熱を伝え、毛根から焼き切る方法です。
レーザー脱毛による処理は長期間に亘りムダ毛の悩みを解決してくれます。


レーザー照射された毛は一度抜け落ち、再び生えることがあっても細く柔らかくなっています。

そのためムダ毛の密度が減り、見た目にも目立たなくすることができます。



完全永久脱毛の保証はありませんが、半永久的にムダ毛が生えてこなくなるので、繰り返し施術することですべすべの肌を手に入れることができます。

ただし毛には活動期間と活動休止期間があり、生え変わる周期に合わせて何度もサロンに通う必要があります。

最低でも半年から一年かけて施術を何回も受ける必要があるでしょう。
アフターフォローとしてその後も半年や一年に一回施術を受けることもすすめられています。そのため費用が高額になるので金額面での負担は大きい脱毛方法です。さらに、相当の痛みを伴います。レーザーを照射された部分は一瞬、強く輪ゴムではじかれたような感覚がします。脱毛の場所によって痛みを特に強く感じる場所もあります。サロンでは麻酔クリームを塗ってから施術をするところもあります。
脱毛についてその5完全永久脱毛を目指すなら『ニードル(針)脱毛』があります。


ピンセットでムダ毛をつまみ、毛に沿って極細の針を毛穴に差し込み微弱な電気を通すことで毛根細胞そのものを破壊します。

ムダ毛の処理方法としては歴史が古く、一度破壊された毛根細胞からは二度と毛が生えてこないので、完全永久脱毛として唯一認められている脱毛方法です。他の方法では処理しきれない頑固なムダ毛が生えている方や、一生涯ムダ毛の処理から解放されたい方に人気があります。

効果は抜群ですが、大変高額な施術費がかかります。レーザーのようにある程度の広範囲を処理するのではなく、ムダ毛一本一本を手作業で処理していくため、時間も多くかかります。


やはり毛の生え変わる周期に合わせて長期間に亘り施術を受け続ける必要があります。さらに、非常に強い痛みを伴います。



痛みに強い方や、ムダ毛の処理に割ける予算が多くある方に適した脱毛方法です。

二度とムダ毛の処理に時間を費やしたりお金をかける心配はなくなりますから、メリットは大きい処理方法と言えるでしょう。

脱毛についてその6ムダ毛の悩みは多くのひとの日常生活をも変えてしまいます。

暑い日でも半袖を着たり短パンをはくことを躊躇してしまったり、デートの最中良い雰囲気になってもムダ毛の未処理が気になり消極的になってしまったりと、ムダ毛の悩みによって行動も規制されているように感じてしまいます。


脱毛によってムダ毛がなくなれば、他人の視線を気にして肌を隠すことや、予定を変更してまでムダ毛処理に時間を割くこともなくなります。きれいなすべすべの肌は明るく見え、自分に対する自信にもつながります。
肌をさらけ出す機会があっても、堂々としていられるのです。しかし、間違った脱毛方法が毛穴や皮膚のトラブルを巻き起こし、大変な目に合う方もいます。

酷いトラブルの症状が出た場合は、必ず医療機関での相談、診察を心掛けてください。

脱毛直後の肌は基本的に乾燥して角質が荒れている状態です。


必ず保湿をして、しばらくの間は直射日光を避けたり、マッサージなどで肌に刺激を与えることを止め、正常な肌の状態に戻るのを待ちましょう。



脱毛によりムダ毛を処理することで、今までムダ毛処理に割いてきた時間を有効活用できるようになり、自分に自信も生まれます。

脱毛に関する基本的な知識を身につけ実行することで、より快適な生活を送れるようになります。

Categories