レーザー脱毛はどこで受ける事が出来るのか

自宅以外で脱毛をするとなると美容を専門にしているエステサロンか病院で行う事になりますが、レーザー脱毛の場合は病院でなければ行う事は出来ないです。

どうしてなのかというと、レーザー脱毛というのは医療行為に当たるために医療行為が許されている病院でなければ扱う事が出来ないのです。仮にエステサロンの中にレーザー脱毛を行っているサロンがあった場合は、違法業者であるためにそこで施術を行うのは止めておいた方が良いです。

レーザー脱毛はレーザーを体毛に照射して熱エネルギーを発生させ、その熱で毛根にある細胞を破壊する事によって永久脱毛効果があります。この細胞を破壊するという行為が医療行為となるためにエステサロンでは扱う事が出来ないです。エステサロンでも似たような事を行っている事に疑問を持つ人もいますが、エステサロンの脱毛というのは光脱毛と呼ばれる方法であり、レーザーよりも出力などが弱くなっていて似ているようで違うのです。

光脱毛は永久脱毛では無くて、その効果についても未知の部分が多いのです。そういう意味ではエステと病院ではどちらで脱毛した方が良いのかというと、少なくとも病院で脱毛を行った方が効果についてはある程度の安心感があります。一概には比べる事が出来ないですが、説明したように少なくともレーザー脱毛を行いたいのであれば病院を探す必要があります。

脱毛しようと考えているのであれば、エステでは行う事が出来ないという事は覚えておいて損はないです。最近では脱毛ケアがとてもリーズナブルな施術料金で受けられるようになっているので、何かと煩わしく問題の多い自己処理をやめて、チャレンジし始めている女性も増えているようです。

しかし大半の女性は、脱毛ケアはエステサロンで受けるもの、と思いこんでいるようですが、エステサロンで受けるケアではそれほど高い脱毛効果は期待できません。



これから脱毛ケアに挑戦しようと考えているのであれば、美容系のクリニックで行われている医療レーザー脱毛を受けることをお勧めします。この医療レーザー脱毛は、私たちが耳にしたこともある永久脱毛が可能となる唯一の施術といわれており、医師が肌診察を行ったうえで行う医療行為なのです。

エステ脱毛では、永久効果は期待できず、体毛が産毛のように細く薄くなるので、目立たなくなり自己処理も楽になるといった程度の仕上がりだということを理解しておきましょう。また、その美しさを維持するためには、定期的なメンテナンスも必要となるので、プロの脱毛ケアを受ければ、もう二度とお手入れ不要となると考えているのであれば、医療レーザー脱毛を受けなければなりません。

また人よりも毛深いと感じている方、剛毛だと感じている方なども、エステ脱毛では綺麗に処理しきれないことも多いので、医療レーザー処理を受ける方が無難です。高い出力で照射を行うので、どんな毛質でも完璧に対応でき、追加料金が発生してしまうことも避けられます。

街を歩けば脱毛を行うサロンはたくさんありますが、そこではレーザー脱毛は行うことができません。レーザー脱毛を行うことができるのは、医療クリニックだけです。脱毛サロンの施術とレーザー脱毛は同じものではありません。脱毛マシンの出力も違いますし、安全性や脱毛効果も異なります。

一般的には脱毛サロンは医療クリニックよりもお値段が安いですが、それは脱毛効果にかなりの差があるからです。脱毛サロンの場合、一時的にムダ毛が生えるのを抑制する効果しかありませんが、レーザー脱毛なら成長期のムダ毛に施術を行った場合、二度とムダ毛が生えてくることはありません。レーザー脱毛の威力は、脱毛サロンの3倍以上とも言われているのです。医療クリニックなら、初回の脱毛後からムダ毛が減ったことを実感することができます。



3、4回の施術で半分ほどにムダ毛は減り、5,6回施術を行えば自己処理の必要もないくらいに脱毛できるのです。脱毛サロンでは、こんな風にはいきません。何十回通ってもムダ毛がなくならない人もいれば、脱毛完了したと思っても、数年後にムダ毛また生えてくるということもあるのです。

終わりの見えない脱毛サロンよりも、確実にムダ毛が減る医療クリニックでの施術の方がかなりお得です。脱毛に通うために費やす時間や追加料金を考えると、決して脱毛サロンの費用が安いとは言えないのです。早く安く確実にムダ毛を脱毛するのなら、医療クリニックがおすすめです。

永久脱毛というのは一般的に、体毛の生成を長い期間、停止する状態を言います。一時的な除毛ではなく永久脱毛状態とするためには、高い出力の医療レーザーを利用する必要が出てきます。レーザー光により、毛乳頭や毛根に存在する黒いメラニン色素を壊していく必要があります。

厚生労働省によりドクターの管理下でだけ認められている、正式な医療行為にあたります。医療のカテゴリーですから、エステサロンでは行うことは無理です。本当の意味での永久脱毛が行えるのは、医療機関での医療レーザー飲みということになります。永久脱毛というのは、米国電気脱毛協会で決められている内容に基づいてのことです。

それは最終脱毛より、2年後の無駄毛の再生率が、全体の20%以下であるといった、脱毛状態のことを言います。医療レーザー脱毛とエステ脱毛を迷うのであれば、その違いを知ることです。簡単に言えば、両方は脱毛力が異なりますし、安全性という視点にも違いがあります。医療レーザー脱毛は、必ずドクターの管理下で行われます。施術は医療の有資格者が行うことになるので、高い出力の医療レーザーでの脱毛ができます。



医療レーザー脱毛であれば、エステサロン脱毛よりも、非常に高い脱毛力が期待できますし、永久脱毛を望む人にも最適な脱毛となります。医療有資格者がレーザー照射の施術を行うため、肌トラブルが万が一生じたときにも、医療面としての適切で敏速な対応が可能です。

レーザー脱毛は、脱毛の種類の1つです。レーザーには、特定の色に吸収されるという特性があるため、黒や茶色など、髪の毛の色に吸収される波長のレーザーを皮膚に照射し、毛や毛根、周辺組織を破壊して脱毛するという仕組みになっています。

なお、白色はレーザーを吸収しないため、白髪をレーザーで脱毛することはできません。レーザー脱毛の最大の特徴は、医療機関でのみ施術が認められていることです。これは、レーザーの出力が強く、事故を引き起こしやすいため、万が一の場合は、すぐに治療を行う必要があるためです。

そのため、エステのレーザー脱毛は出力が制限されており、一般的には「光脱毛」と呼ばれて「レーザー脱毛」と区別されています。この出力の強さによる効果の高さこそが、レーザー脱毛の最大のメリットであり、デメリットにもなっています。

1回の効果が高いため、施術の回数は少なくてすみますし、1回当たりの時間も少なくなるというのは、大きなメリットですが、一方では、痛みが強く感じられるというデメリットにもなります。しかし、痛みを我慢してでも短期間で脱毛を終えたいという人には良く似合った脱毛手段と言えるでしょう。

一方、光脱毛のメリットとデメリットは、これとは正反対になっています。つまり、痛みは少ないのですが、1回の効果が薄いことから、回数を重ねる必要があり、1回の施術当たりの時間も多くなります。こちらは、とにかく痛いのが我慢できないという人に向いています。

Categories