永久脱毛の定義と方法

永久脱毛とは永久に毛が生えてこないことを言うのではなく、最終脱毛から2年後の毛の再生率が20%以下である脱毛法のことと定義されています。

自分の力だけでは難しく、永久脱毛を行なう場合には医療機関で行なわれるレーザー脱毛やニードル脱毛、脱毛サロンで行なわれるフラッシュ脱毛があります。

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の仕組みは基本的に同じで、特殊な光やレーザーを肌に照射することで皮下にある毛根のメラニン色素に反応させ、吸収された熱エネルギーで毛母細胞や毛乳頭などの組織を破壊して毛を脱毛する方法となります。

毛量や毛質によりますが、毛が生えて抜けるまでのサイクルに合わせて複数回施術することによって永久脱毛を行なうことができます。

ニードル脱毛は昔から行なわれてきた脱毛方法で、細い金属の針を毛穴ひとつひとつに差し、針先に電気を流してその熱によって毛根を焼き切ってしまう方法です。レーザーでは処理できない日焼け後の肌などにも施術することができ、効果も持続性も高いとされています。

しかし、これらの方法にはデメリットもあり、フラッシュ脱毛は料金は安いがその分出力が弱く施術期間が長期になってしまう、レーザー脱毛は短期間で施術が終りますがその分料金が高く痛みがある、ニードル脱毛は強い痛みを伴い、毛穴ひとつひとつに針を刺すため施術の時間や期間が長くなるなどが上げられます。さまざまな方法がありますが、自分に合った方法で脱毛を行なっていくことが大切です。

顔脱毛は永久脱毛で行うことで、光脱毛よりももっと満足感を感じやすくなります。顔脱喪をすることの利点は多いですが、永久脱毛を終わってみると、毛穴が目立たなくなっていることに気がつきます。



年代を問わず、肌の悩みで毛穴は、いつの世代も悩みランキングの上位です。

顔の肌の毛穴は、ただでさえも目立ちやすくて、黒くなりがちです。皮脂もたまりやすくて、酸化して黒ずみができやすいです。影響脱毛でお手入れすることで、産毛はなくなっていきます。キュッと毛穴は引き締まってきますから、永久脱毛効果とともに、毛穴改善にも役立ちます。

顔にはたくさんの産毛が生えていて、これがメイクを邪魔しがちです。顔のムダ毛は処理しないままだと、顔の色をワントーンは落とします。

お化粧のノリも良くないですし、くすんでいる状態です。でも脱毛で産毛をなくすことで、お化粧のノリは良くなりますし、見た目の印象も明るくなって清々しく美しさが増します。顔の永久脱毛の利点として、皮膚にダメージを与えるシェービングの処理は、不要になります。

ムダ毛処理のシェービングは、ムダ毛を剃るだけではありません。肌の薄い皮膚までも少しだけ削り取るために、肌は負担を感じることになります。

何回もダメ次が重なれば、いつの間にか色素沈着になります。永久脱毛でお手入れすることで、産毛はなくなっていきます。そうするとこで、人目につく大事な顔の肌を、優しく守って行くこともできることになります。

美容クリニックを利用すると、内容によっては美容手術で長いダウンタイムを過ごすことがあります。脂肪吸引やリフトアップの美容外科手術は、日常生活にも支障をきたすくらいのダウンタイムになることもあります。

いずれは状態も落ち着きますが、しばらくは引きこもり生活になるパターンもないとは言えません。永久脱毛は、美容系のクリニックで行うことの多い施術です。

ですが永久脱毛というのは、メスを用いた美容外科手術ではありません。永久脱毛ができる医療機器を使用して、医療レーザーを照射して脱毛効果を出していきます。ムダ毛のレーザー照射をした直後は、その部分が少し赤みのでることはあります。



クリニックで冷却しますから、帰りにはほとんど肌の色は戻ります。アフターケアとしては、スタッフが患部に軟膏を塗るなどのケアもしてくれます。

自宅に変えてからは自分でのお手入れをしますが、日常生活でなにか支障が出ることはありません。

肌の表面には傷を付ける治療ではありませんし、クリニックから帰るときには、希望でいつもどおりメイクをしてかえることができるほどです。日常生活で気をつけることとしては、肌を紫外線で焼かないようにすることです。

レーザーの照射によって、肌は日焼けをしやすいですし、乾いた状態にもなります。永久脱毛のお手入れで日常生活に問題は起きませんが、肌は乾燥しますから、できるだけ毎日肌への水分補給をしてあげるのがいいでしょう。

私たちが暮らす日常生活において脱毛は最も手軽に行える美のためのケアです。特に人の目につく部分のムダ毛を綺麗に払拭して、恥ずかしくない肌の状態を手にするためにも、日頃からのお手入れは大切です。

しかし仕事や家事、子育てに忙しい中でこれらのムダ毛処理を行うのも大変なもの。そうした煩わしさを払拭する意味でもプロの手による施術を受けると便利です。

脱毛には様々な施術が存在しますが、中でも永久脱毛と呼ばれるものは一度受けるとそのムダ毛は二度と生えてくることがなくなりますので、今後一切ムダ毛に悩まされることはなくなります。その分、施術の手間隙や時間はかかるものの、永久脱毛の効果は絶大と言えるでしょう。

とりわけサロンやクリニックで受けられるニードル脱毛はその代表的なもので、微量の電流を帯びたニードルを毛穴から刺して手作業にて毛根を破壊していくことによって確実に発毛力や育毛力を奪い去ることが可能となります。



この永久脱毛は費用的にも高額ではあるものの、今後は一切ムダ毛のお手入れにお金を費やす必要がなくなりますので、トータルで考えると非常に経済的と見ることも可能でしょう。

一方、医療機関で受けられる医療レーザー脱毛なども永久脱毛に匹敵するほどの強力な脱毛効果を得ることが出来ます。

サロンのレーザーに比べて出力も高く、毛根に強いダメージを与えることが出来ますのでこちらも一度施術を受けるとそこから再びムダ毛が生えてくることはほとんどありません。

ニードル脱毛に比べると痛みの面や施術時間の面でも極めて効率よい施術ですので、充分比較して納得できる方を選択することが望ましいでしょう。脚や腕などにムダ毛が生えて来ると、それを抜いたり剃ったりして処理を施さなければなりません。特に薄着を着るようになる季節においては、ムダ毛が目立つためです。

ムダ毛をそのまま放置しておくと、人に見られて恥ずかしい気分になってしまうことも少なくありません。そのため、ムダ毛の処理に時間とお金をかけている女性たちがたくさんいます。

そして、最近では脱毛サロンなどで永久脱毛の施術を受けられるようになっています。また、美容外科クリニックなどでも、医療レーザーを使用した脱毛の施術を受けることが可能です。

脱毛サロンの場合には、美容外科クリニックによりも、敷居が低いと感じられる人が多く、利用料金も美容外科クリニックより安い傾向にあることから、たくさんの若い女性たちが通っています。

永久脱毛の仕組みとしては、毛根にフラッシュなどでダメージを与えるというやり方になっています。そして、毛根から体毛が生えてくる周期が異なるため、毛周期に合わせて同じ箇所を複数回にわたって施術しなければなりません。これは、どの脱毛サロンで施術を受ける際にも同じです。

また、美容外科クリニックではフラッシュよりも強力な医療レーザーを使うことから、施術を受ける回数が脱毛サロンよりも少なくて済みます。そして、効果も高いとされています。

そのため本格的に永久脱毛をしたいのであれば、美容外科クリニックで医師による施術を受けるのが望ましいと言えるでしょう。