レーザー脱毛は医療機関でおこなう脱毛

ムダ毛の処理の方法は色々とありますが、その中でも現在行う人が多くいる方法の一つがレーザー脱毛です。

これは、ムダ毛の気になる部分に対してレーザーを照射する方法の事を言います。

照射したレーザーは肌ではなく、ムダ毛などの色が濃い部分にのみ反応します。それによって毛母細胞が破壊され、何度か照射する事によってムダ毛を次第に除去していく事ができる方法です。

レーザー脱毛を行う場合に注意すべき事はいくつかあります。

その一つが、日焼けには注意するという事です。

照射するレーザーは黒い色に対して反応するものとなっているので、肌の色が黒くなるとその部分も反応してしまいます。日焼けをしていると肌に余計な刺激を与えてしまうので、脱毛期間中の日焼けは出来るだけしないようにしなければいけません。

もう一つは、施術を受けた後はしっかりと保湿をするという事です。

レーザー脱毛をした後は、強く日焼けをしたような感じになっていて、肌がとても乾燥してしまいます。

過度の乾燥は肌にも良く無く、痛みやかゆみが出てしまう事も珍しくありません。なるべく肌の状態を良くする為にも、しっかりと保湿をする様にしましょう。

この時使う化粧水などに対して刺激を感じる場合は、敏感肌用などに変更して、肌への負担を出来るだけ無くす事が重要です。現在レーザー脱毛を行う事ができるのは医療機関だけです。

しっかりとカウンセリングを受けて、安心して施術をお願い出来る所を見つけましょう。近年、脱毛ブームは男性にまで広がっており、男性もエステサロンで脱毛ケアを受けることが当たり前になりつつあるようです。



諸外国では体に生える体毛まで綺麗に処理をするのが一般的ですが、日本においても遅ればせながら、そういった感覚を持つ方が徐々に増えて来ているのでしょう。そこまで美意識が高くなくても、やはり男性に取ってひげ剃りは、切っては切れないお手入れで、身だしなみとしても思春期頃から行っている方がほとんどです。

ごく当たり前に見えるこのひげ剃りも、女性同様に様々なトラブルを起こしてしまうもので、毎朝のひげ剃りに強いストレスを感じている男性も少なくありません。

そういった方たちに取って、ひげ剃りから解放される脱毛ケアは夢のような美容ケアで、ぜひ挑戦して見たいと考える方が多いこともうなずけます。

しかし、エステサロンでのひげ脱毛に、不満を抱いている方も多く、思ったほど効果が出なかったという意見も多いようです。

そこでお勧めの脱毛ケアが、美容系のクリニックで行われている医療レーザー脱毛で、硬く太い男性のひげでも、医療レーザー脱毛なら完璧に処理しきることが出来ます。エステサロンのように、何度もお手入れに通わなければならないという面倒さもなく、医療レーザー脱毛であれば、数回お手入れを受ければ、永久に生えてこないようにすることができます。

ひげ剃りからこの先ずっと解放されるということは、朝の身支度も楽になり、ひげ剃りグッズを買うこともなくなりかなりの節約にもなります。

永久脱毛は、永遠に発毛しないことを意味します。

ただ、この言葉は現在、存在しないと言われています。

それでも脱毛の施術を行う医療機関やエステでは、永久脱毛の言葉を使用することも多いです。ということは、間違った表現なのでしょうか?永久脱毛については、脱毛効果の基準として、6か月後に脱毛の施術をした部分からの発毛がなかった時に使用して良いことになっています。



ですから、もし1年後に発毛があったとしても、その部分の脱毛は永久脱毛と表現しても良いことになっています。また、脱毛に関しては、様々な基準があり、それぞれの脱毛施術機関で、宣伝用としての永久の言葉で発しているだけです。

厳密にいうと、永久かどうかは判断できないと言った事情もあります。永久の言葉を使用して良いのは、施術後50年とされています。

50年間一切の発毛がなかったとした場合、それが証明されることになりますが、現在本格的な脱毛が始まって、50年も経っていないですから、証明もできないと言っても良いでしょう。今の永久の言葉は暫定的とも言うべきものですが、6ヶ月後、1年後の発毛は本来の毛の感じではなく、極めて弱い発毛でほとんどムダ毛とはいえない状態であり、施術した方の満足度も高いということで、永久脱毛ということかできるとされています。

なお、エステでの脱毛については、永久ということができないとされ、この言葉が使用できるのは病院での施術のみということになります。

永久に毛の処理の必要が無くなるレーザー脱毛は、脱毛しようとする人が誰しも受けることを考慮する施術でしょう。

近年では技術向上によりコストや時間面の負担も軽減されていたことで、レーザー脱毛を受ける人も増えてきました。

しかし、初めてレーザーによる脱毛施術を受ける人が注意しておかなければならない点がいくつかあります。その中でも最も重要な注意点の一つが、「レーザー脱毛を受けた後の肌のケア」です。

いくら肌への影響を最低限にまで軽減させてあるとは言え、レーザーは熱線であり、この熱線で毛根を焼き切るのがレーザー脱毛なのです。

施術を受けた直後は、特に肌が薄い部位などにひどい日焼けになったように赤く腫れあがることが多々あります。

中には施術跡がケロイドになってしまうような体質の人もいますので、施術を受ける前にしっかりと医療機関やエステサロンの担当者と相談しておく必要がありますが、そうでなくてもどんな人でも必ずひどい腫れが生じるのは避けられません。



主にこうした腫れに対しては、日焼けで行うような保湿ケアや肌パックなどが有効です。施術を受ける前に事後の肌ケアに関する指導を受けますが、自分自身でもしっかり心構えを持って対処するようにしなければ、レーザー脱毛を受けて肌荒れがひどくなったといういたたまれない状況になりかねません。「レーザーによる脱毛は肌が腫れて荒れるため、事後に十分なケアが必要になる」という覚悟を持って臨むくらいがちょうど良いのです。

女性であればある程度の年齢になれば誰でもエステサロンやクリニック等で全身脱毛の施術を受けてムダ毛をすっきりと処理し、綺麗な肌になりたいと願っているものです。

しかし全身脱毛の施術に要する料金というのは一般的にかなり高額になる為、ある程度年齢のいった女性の場合であっても、必ずしもその料金を支払える人ばかりであるとは限らないのです。

その為エステサロン等で全身脱毛の施術を受けたいと願っていても、料金を支払うことが出来ないからという理由で、泣く泣く施術を受けることを諦めている女性も沢山いるものなのです。

もしもエステサロン等で全身脱毛の施術を受けることが出来ない場合、女性は自宅で自分でムダ毛の処理をせっせとするしかありません。

大抵の場合は自己処理は剃刀を使って行われることになりますが、剃刀は簡単にムダ毛を処理することが出来る反面、肌を傷付けてしまいやすいというデメリットを持っています。

なので今お金がなくてなかなか全身脱毛の施術を受けることが出来ないという状況にある女性であっても、頑張って貯金してなるべく早いうちにエステサロンに行くことが出来るように頑張った方が良いのです。

剃刀で一生消えないキズを作ってしまってからでは遅いのです。

そのキズを消そうとする為にも、高額なお金がかかってきてしまうことになります。なのでどうせ料金を支払うのならば、永久脱毛の施術の為に支払った方が良いのです。なので頑張ってお金を貯めるべきなのです。


Categories